香典と香典返しの意味

香典の由来は、昔は亡くなった方にお香を持っていく習慣があり、それが現代では、これでお香を買って下さいという意味を込めて、現金を包んで持っていくようになったといわれます。そのように香典は、故人に対して贈るものです。そして故人に代わって、遺族がお礼に気持ちを伝えるのが香典返しとなります。参列してくれたことへの感謝の気持ちも含まれています。相場は、香典の半分から3分の1程度が一般的ですが、故人の社会的地位などに合わせて設定します。葬儀関係の行事は、繰り返すことを嫌うため、香典返しをいただいてもお礼の電話や手紙を贈りません。何も返事をしなくても、失礼にならないことになりますが、宅配で届いた場合、先方も無事に届いているか心配しているかもしれませんので、届いたことを知らせる意味で連絡するのはよいでしょう。

香典返しという言葉について

何となく理解はしているかもしれないけど、香典返しって結局どういう事をすればいいのか分からないという人もいるかもしれません。もちろん、自分たちが喪主などになれば、必然的に理解するのかもしれませんが、取りあえず調べてみますと、香典を送ってくれた方々に、49日を終えて以降に頂いた金額の3割程度の物を渡すという事のようです。例えば、ギフト券であったり、日用品などもそれに当てはまると思います。ただ、一部の地域には、全て同じ金額の物を渡すという所もありますので、その辺は地域に詳しい人であったり、自分で決めて行うという方法が良いんじゃないかなと思います。また、最近の傾向として、パンフレットなどを送りわたし、その中から欲しいものを指定してもらい、それを渡すという方法の方が、皆にとって喜んでもらえるのかもしれません。

香典返しに適した品物

香典返しに適した品物にはどのようなものを挙げることができるのでしょうか。基本的には後に残らない消耗品などが良いといわれています。これは後に残るものの場合には遺族が故人を思い出してしまうことになるためのようです。例えば食品では調味料やコーヒーやお茶などの飲料というのが一般的です。日常品のなかではタオルや石鹸などがよく選ばれています。しかしこのようなものの場合には個人の好き嫌いなどもありますので、場合によっては商品券などのほうが良い場合もあることでしょう。また最近ではカタログギフトで、相手にほしいものを選んでもらうという香典返しなども人気になっています。どのようなものを渡す場合でも感謝の気持ちを込めて贈るようにしたいものです。また弔事用熨斗紙(のし紙・掛け紙)というのも忘れないようにしましょう。