次に美しく華やかな演出をする引き出物の一つのグラスですが、だいたいこの手の引き出物は有名ブランドでクリスマスや誕生日など特別なシーンに使ったり、普段ワインやシャンパンを飲んだりする方には嬉しい半面、使い道がない、インテリアとしても場所をとるなど難しい引き出物でもあります。
ティーカップセットは来客があった際に大変重宝しますが、引き出物としては定番になっており、有名ブランドも多数出回っている為種類選びに苦戦してしまう引き出物の一つ。有名ブランドのロングセラー商品を選ぶのが無難のようです。
第4位「コーヒーや紅茶の詰め合わせ」
最近では引き菓子と合わせて贈るのが増えており、軽くて持ち帰りが楽だし保存もきくし消え物なので置き場所に困ることもないのが嬉しいですね。ただ、それぞれ好みがありますので試飲して自分が美味しいと思ったものを選ぶのがポイントで、なじみのない香りのついた紅茶はあまり評判がよくありません。「幸茶」=「紅茶」という意味で縁起物として贈られるパターンもありますがお茶の種類により香典返しに使われる物もあり引き出物にはあまりふさわしくないといった見方をする地域もあるようです。
第5位「バスグッズ、アロマなどの癒しグッズ」
人によってはもらっても困る引き出物ですね。アロマが好きとか癒しやリラックスを求めているのであれば重宝しますが、香りも人それぞれ好みもありますし、バスグッズの中に湯船に入れて使用するタイプのものの場合、湯船がない人はどうすればという事になりますよね。私ももらっても困るのがこのタイプ。
ゲストの皆さんに共通しているのは、もらってこまる№1は新郎新婦のネームが入った記念品。これを引き出物として頂いた時にはドン引き確実ですね。不要になった時にも捨てるに捨てられないですし、そもそもネームが入っていたりするとお客様が来た時にも出すに出せないですし、はっきり言って利用価値があまり感じられないという結果になってしまいます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL