結婚式などのお祝いの場でゲストに出席いただいたお礼として配られ贈り物のことを「引き出物」といいます。そもそも引き出物が習慣となったのは平安時代まで遡ります。平安時代お祝いの席で庭に馬を引き出してきて皆さんに披露してから贈った事が始まりとされています。当時、馬は武士にとってはなくてはならない存在だったことから贈る側の敬意を伝える為の最高の品物でした。そのうち時代の流れとともに馬の代わりに金品を贈る形に変化し、現在、引き出物は宴の席で膳に添える品物や、招待客へのお土産物をさすようになりました。頂いたお祝いのお返しではなく、祝宴の席のお土産、いわば記念品という意味なので、頂いたお祝いの金額に関係なくお祝いのお裾分けと感謝の意味を込めて引き出物は一律の金額の物を配るのが通例です。
引き出物といっても地域や親族、それぞれのこだわりや習慣にもよりますが、食器などの記念品と引き菓子を合わせて贈るのが一般的な形となっているようです。しかし、近年では記念品のみとする形も増加傾向にあり夫婦で出席の場合は夫婦で一つとするケースが多いようです。また幅広い年齢層がある場合など年齢や性別によって引き出物を区別して贈っても構いません。その場合の注意したい点ですが金額は一律になるように、そして外形の大きさを同じようにすることです。また、高齢者や女性、遠方のゲストにはかさばらないもの、重量が軽い物にするのも心配りができて大変よいでしょう。
行事があると迷信がつきもので、引き出物も限ったことではありません。「縁がこわれる・切れる」を連想する包丁や刃物や、「去る」を連想する猿の絵柄が入った物、「割れる」を連想する偶数の品物などタブーとされているものもありますが、その前にカタログから選ぶ場合にはタブーとなっているギフトは掲載していないのでまず安全で間違いないでしょう。カタログ以外から選んで贈る場合には両親や身近な方達に相談して決めるのも一つの手ですね。
ゲストは引き出物を頂いた際には結構中身を楽しみにしているものです。これから夫婦になる二人で是非皆さんに喜ばれるセンスある引き出物を選んで下さいね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL