引き出物には熨斗がついてきます。そもそも熨斗って何故付けるのでしょうか?元をたどっていくと「熨斗鮑(あわび)」というものの贈り物に添えていたのが転じて「熨斗紙」として形式化されたのが由来です。
熨斗紙には水引もついていますね。水引は用途によって使い分けられています。何度繰り返しても良いお祝い事(お年賀、お中元、お歳暮、出産祝い、入学祝い)は何度も結べるということから蝶結び、二度と繰り返す事がないようなお祝い事(結婚式、結納、快気祝い)は結ぶと二度と外れないということから結びきりが用いられます。結婚式には二人が固く結ばれることを願い、紅白で5本2組の10本の結びきりを使用します。引き出物の熨斗には「寿」の文字入れをし、水引の下に新郎新婦両家の苗字を書き入れます。基本は「右上方位」の考えで右側に新郎、左側に新婦、婿養子の場合は逆になります。一文字、二文字、三文字の苗字であっても両家に差を感じさせない為に上をそろえましょう。国際結婚の場合はカタカナで記入します。引き菓子の熨斗には新郎新婦の下の名前を書き入れます。
引き出物は両家から、引き菓子は本人たちからという意味合いがこめられています。
熨斗の付け方は内熨斗と外熨斗の2種類があります。内熨斗は引き出物に直接熨斗を付け、その上から包装します。配送する場合は内熨斗が良いでしょう。外熨斗は引き出物を包装した紙の上から付けます。贈った目的(お年賀、お中元、お歳暮など)をわかってほしい場合に外熨斗にします。
引き出物を入れる袋選びも重要になってきます。コストを抑えて安いものにしてしまうと材質が紙になり、そうするとゲストが帰る際に破れてしまうというハプニングを招いてしまう可能性もあります。なので、多少コストがかかってしまっても破れることのないようポリエチレン樹脂性、要はビニール素材の袋のもの、そしてゲストはその袋をとっておいて何かの機会にまた利用したいのでおしゃれなデザインの物を選びましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL