引き出物と一つに「引き菓子」がありますが、引き菓子とは披露宴のお膳のお裾分け、ゲストが持ち帰ってから家族と頂くお土産の意味があります。
引き菓子は結婚する夫婦からの品と考えられ熨斗も夫婦の名前を書き入れします。引き出物の「引き」、引き菓子の「引き」には「長引く」、「長く続く」という意味合いが込められ、新郎新婦の円満な幸せが末長く続きますようにという願いが込められています。引き菓子は通常1,000~1,500円程度の予算で考える方が多いようで、引き出物の引き菓子で洋菓子を選ぶなら定番としてはバウムクーヘン、他にクッキー、チョコレート、焼き菓子、和菓子でいくと上用饅頭や縁起物をあしらった干菓子(らくがん)などが一般的。ちなみにバウムクーヘンとはドイツ語でバウム(木)、クーヘン(菓子)という語句から成り立っており、見た目が切り株(年輪)に似ている所からその名がついたとか。それがなぜ引き出物の引き菓子の定番になるかというと、年輪は長い年月をかけて成長していく過程でできるものであり、長寿繁栄を表す意味があってドイツでも祝い菓子として必ずついてくる一品です。一方和菓子の定番、上用饅頭とはちゃんとした名前は知らなくても皆さんも必ず一度は目にしたことがあると思います。よくお祝いの時に紅白饅頭が出てきませんでしたか?そう、それです。もちもちとした触感のほんのり甘いあの饅頭です。昔は一般庶民にとってはとても高価な食べ物で、貴族など位の上の者しか口にすることができませんでした。「上(の方)に用いる饅頭」という意味で「上用饅頭」と言われるようになったのが由来です。
最近では引き出物の引き菓子で洋菓子や和菓子ではなく、パンを送るという形も人気があるようです。パンといってもその辺のスーパーで出回っているパンではないですよ。無添加やちょっとワンランク上のとてもおいしくシンプルな食パンやクロワッサンなどのパンのことで、引き出物の引き菓子として珍しさもあり、でもとってもおいしいということで結構評判は上々だとか。皆さんもご近所で美味しいパン屋さんがあればちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL