私が出産祝いをいただいたのは、もう約9年も前の話なので、今とは状況が全く違うとは思いますが、一番うれしかったのは、自分の子供や家族の名前、出産した病院や生まれた身長と体重がお話の中に上手にちりばめられた絵本をいただいたことです。小さい頃によく読み聞かせにもつかうことができて、記念意なることはもちろん、絵本としても重宝したことを覚えています。最近自分が出産祝いで送ったものといえば、同じ絵本ですが、絵本仕立券といって、実際の贈り物はチケットになっていて、そこに、何種類かのお話が選べて、写真の有無も選べるし、お話の内容に応じて、記入する内容も異なっていて、興味のあるところから選べるようになっているものでした。この出産祝いはとても喜ばれましたよ。その他の出産祝いとしては、少し気が早いとは思ったのですが、歩くころのことを考えて、名前入りのリュックサックを購入しました。

よく、ファーストシューズはありますが、こういった記念になるようなものは、親族の方からのお祝いもあるだろうし、歩く時期が少しでも違うとはけないまま終わってしまうこともあるので、リュックサックであれば、歩けるようになってから、しばらくの間使えるし、その中にオムツを入れたり、少しおやつを入れたりすることで、自分の荷物を持てる感じでうれしいようで、今、もうすぐ2歳になる子が毎日大事に使ってくれているそうです。出産祝いで渡して、この時期まで大事に手元においていただけていることを考えると、贈ってよかったなと思います。また、名前入りなので、そのリュックをかるっている感じもとても愛らしいです。もう少し金額を足せば、親子でおそろいのかばんを作成してくれるようです。これは、ちなみにネット注文しました。今までの話は、全て親近者に送ったものなので、少し金額がかかったものですが、身近な友達などに贈るときには、あまり値段がかかりすぎて逆に気を使わせても申し訳ないので、1000円程度のものを選ぶようにしています。例えば最近でいえば、離乳食のときに使う首につけるビニール製のスタイを贈りました。その他にも離乳食用の食器やストロー付の水筒、ちょっとしたおもちゃを贈ったこともあります。

少ない金額でも意外にかわいいものがあったり、自分ではなかなか購入できなかったりするので、贈り物でいただくと嬉しいものです。先輩ママからいただくと実用的なものが多くて助かることも多いです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL